Alice in SIMS land

SIMS3メインで薔薇満開です。今いかにスライダーなしでイケメンになるかを模索中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12話:足を痛めつける謎の存在


千艸「ん?つま先が傷ついてる・・・?犯人・・・きっと小さい男とか」


千艸「・・・大きい家」


千艸「・・・つま先ぶつけたの?」
ソーントン「違う違う!!私の足はぶつけたのではなくぶつけられたのだ!!」
 
千艸「そうか、すまない・・・犯人に心当たりは・・・?」
ソーントン「隣の奴だと思うんだがね!!(早くしてくれ遅刻するだろ!!」


千艸「何か恨みある?・・・」
 

千艸「ここも大きい」


千艸「あの・・・」
マグロ―「~♪」
千艸「・・・あのー」
マグロー「~♪」


 
マグロ―「あぁごめんごめん。んでなんかようか?」
千艸「ソートソンが隣の家の奴がつま先ぶつけて来てるんじゃないかって
疑ってるからとりあえず来てみた」



 
 
マグロ―「ひゃははは!!なーんで俺が?そんな細かいことするかっつーの。
      知ってるか?アイツ気づいてないようだけど、夢中歩行して謎のノーム
     蹴っ飛ばしてたの俺見たんだって。それが原因じゃねーのか?」
千艸「そうか・・・とりあえず病院行ってみる」


千艸「・・・(特質同じ」
マグロ―「・・・(特質同じ」

 
千艸「それがあり得るのか・・・聞いてみるほかない」


千艸「こういう公共施設は人ごみ苦手・・・」

 
また会う元修理人。まさかやっぱり転職したのか(調べろよ


千艸「本人が相談に行ってたなら確実」

 
千艸「えーと・・・」
ソートソン「やっぱりあいつだったろ!!わかってたんだ私は!!」
千艸「ソートソンは、夢中歩行に悩み病院で相談したと聞いたが?」
ソートソン「な、何故それを!?」
千艸「マグロ―が言ってた。夜中君が夢中歩行で
      謎のノームを蹴るところを目撃したと」
ソートソン「ま、まさか私が自分で足を傷つけてたというのか!?」
千艸「そういうことになる・・・」

 
千艸「とりあえず今後のため謎のノームにパットつけるよ。」
ソートソン「(あ・・・あぁ・・・気分転換に泳ごう・・・そうしよう」
千艸「とりあえず事件解決・・・」

千艸は消防士に転職する予定・・・今後新シリーズになるだろう・・・?わら

スポンサーサイト

第11話:何もつけていない薬指の謎

 
千艸「ん・・・?ってことは常に外しているということ?関係は大丈夫か」


千艸「今来て大丈夫かな・・・?」


千艸「えーと・・・何か怪しい関係作ってるとか?」
ダスティン「まてまて!!どうしてそういう話になるんだ!?」
千艸「羅貫から聞いたんだけど、指輪は常につけるべきだと」


ダスティン「え、えーと・・・ほらなくさないようにと」
千艸「でもそれして無くしてるんじゃ・・・」


千艸「ドーナッツ・・・警察がどれだけダメなのかわかる」


千艸「くしゅん・・・これ鼻ムズムズする。ズズ・・・」


千艸「俺はずっと誰ともかかわらないで生きてきたから・・・しかたない」


千艸「当てにならないけどこういうときは頼らないといけない・・・」


千艸「金品目的とか・・・?もしかしたら、えーと不倫?」


千艸「人ごみキツイ・・・)えーと、ダスティンとは不倫・・・関係?」
ジュディ―「んまぁ!!何言ってるの!?あの人は親友です!!」
千艸「そ、そうか・・・すまないただ指輪に指紋がついてたから」
ジュディ―「指紋・・・?あぁ先日遊びに家に訪問してコーヒー飲んだの。」


千艸「そうだったのか・・・このことは聞いてない。問い詰めたらどうでるか(楽しそう」

 
千艸「なんで黙ってたの?」
ダスティン「え!?と、特に重要な事じゃないと思って・・・」
千艸「・・・・そうか(あやしい」

 
千艸「う・・・人が増えてきた・・・とりあえずもっとしらべる」
ダスティン「お、おう・・・任せたぞ・・・」




千艸「うーん・・・指輪指輪・・・実際のものがわかれば見つけれるけど・・・ん?」


千艸「あれ、ここ庭なんだけど・・・まぁいいかな。」
千艸「この指輪・・・」
ダスティン「うぉおおお!!」
千艸「!?」
ダスティン「す、すまない・・・あのジュディ―ちょっと憎かったから
       懲らしめてやろうと濡れ衣着せてやろうと・・・」
千艸「迷惑はダメ・・・」
ダスティン「金払う・・・すまなかった」
千艸「もう、するな・・・これで事件は解決・・・」

第10回:消えたポンコツ車事件

  
bdcam 2012-01-28 17-02-05-043
千艸「盗まれたのかな・・・早く探そう」

bdcam 2012-01-28 21-36-45-292
千艸「え・・・父親が?盗んだ車をプレゼントしたとか・・・?」←コラ


千艸「えと・・・盗んだ車何処で手に入れ・・・」
ニック「おい待てよ。なんで盗んだ車?俺はちゃんと娘にプレゼントしたんだよ!!」
千艸「だって犯罪組織とつながってるっていうから・・・」
ニック「まぁ・・・そうだが。娘にはいいもの上げないといけないだろ。」
千艸「案外いい人だな・・・」
ニック「案外って・・・」
千艸「いかにも犯罪者って感じが・・・えと、どこかで車の売買してないか?」
ニック「いや犯罪者だが、うーむ・・・俺の知り合いがビーチで売買してるとか聞いたな。」


千艸「俺、目がいいから・・・分析はできる。」



千艸「クラゲ・・・?」

千艸「虫眼鏡というものは便利だな。妖芽のものじゃなくても見える」

千艸「張り込みは苦手・・・」




アグネス「あのものもってきていただけたかしら?」
男「もちろん!!ねぇ聞いてくれよ。俺の妻が妊娠してよ~嬉しいのってなんの・・・」
アグネス「ちょっと!!バレたらどうするのよ!!取引終わってからにして」

bdcam 2012-01-29 00-19-08-802
アグネス「ありがとう・・・これで稼げるわ。これが今回の報酬よ」
男「まじで!?これでベビー用品買えるぜ!!またよろしくな。」


千艸「とりあえず怪しい・・・聞き込みしないといけない」


千艸「ちょっとお話ししないか?」
アグネス「あら、いい男・・・)何か御用?」


千艸「ポンコツの車のほか不正に部品を手に入れてないか?」
アグネス「な、何よ突然!?」
千艸「こっちは証拠は手に入れている・・・素直に話してほしい」


アグネス「・・・そうよ・・・盗難車の部品を売ったのはこの私・・・」
千艸「・・・それは悪いこと。大切な人に買ってもらった人もいる。思い出をなくしてはいけない」
アグネス「わかってるわ・・・でも私夫を亡くしてさびしかったの・・・
      そうするうちに金に執着していったわ・・・ごめんなさい・・・」


何故かゴミ箱蹴る千艸・・・特質のせいか・・・?


千艸「車じゃなくなってる・・・」


千艸「おまえの父親はいいやつだな。」
アイシャ「なーに?突然・・・お父様何か言ってたの?」
千艸「ん?子供のことを考えてるなと」
アイシャ「そっかぁ。親孝行しなくちゃいけないね。」


千艸「結局無残なことになっていた・・・すまない」
アイシャ「そんなことないわ。依頼をこなしてくれてうれしかったもの。
     お父様ほら人に言えない仕事してるじゃない・・・だからことごとく断られたのよ。」
千艸「そうなのか・・・」
アイシャ「本当にありがとう」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。