Alice in SIMS land

SIMS3メインで薔薇満開です。今いかにスライダーなしでイケメンになるかを模索中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話:愛の名をおいて

パソコン調べてると・・・
またあのお騒がせエイミー・ブルです。

千艸「次はどんな脅迫?」
  
千艸「相手いたんだあの人。あの恰好で・・・」

 
千艸「俺、占い師じゃない。別件じゃ・・・」
エイミー「いいじゃない!!とやかく言わないの!!とりあえず調べてきてよ!!」
千艸「えー・・・わかった。」


千艸「結局しらべないといけないのか・・・自分で聞けばいいのに」

とブツブツ言いつつ調べにいった。

 
ここがシンバットの家

 
千艸「誰もいないよね・・・?」

相変わらず悪人相・・・

 
千艸「あれ、帰ってきた・・・通報されるかな」

バットタイミングでシンバット帰宅


千艸「買ってたんだね。あんまり知りたくはないけど・・・」

 
千艸「恐る恐る)ゴメンナサイ・・・」
シンバット「どうしたんだこんなところで?暇だったら俺ん家入れよ」
千艸「うん・・・(あれ、怒られると思ったんだけど」
シンバット「てかおまえ変な恰好してるな」
千艸「あの女の方が・・・」
シンバット「え?」
千艸「なんでもない」

なんと家に招待してくれましたww
こんなこともあるんですね~にこ

 
千艸「なんか変なことになっちゃった・・・あの人いい人だな。あんな女には勿体ない」

シンバットは疲れて寝ちゃいました。知らない人を家に招いといて・・・不用心というか・・・

 
千艸「なんか罪悪感覚えるなぁ・・・」

彼が寝ている隙にゴミ箱ゴソゴソ・・・


千艸「まぁ・・・あの女ならだれしも・・・」

 
千艸「もうちょっと落ち着いたら?」
エイミー「はぁいきなり何よ?それで指輪はどーなったのよ!!!」
千艸「領収書見たけど、購入してはいたみたいだよ。」
エイミー「キャーそうなの!?でもなんでくれないのかしら?」
千艸「それは君に問題があるから・・・」
エイミー「なんだって?」
千艸「いや・・・」



千艸「あの女の性格が変わらないかぎり無理な気がする・・・
    事件解決・・・」


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acchy1990.blog.fc2.com/tb.php/11-c8d33c69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。