Alice in SIMS land

SIMS3メインで薔薇満開です。今いかにスライダーなしでイケメンになるかを模索中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回:遂に・・・出来ちゃった婚!??

 おまたせしましたー
面接は見事落ちましたね。
まぁバイトの方が楽なんですけど・・・

あ、宮にやっとこさ恋にとができました!!!

まぁ同居人ですけど・・・時間かかった・・・
相手はもちろん白琵です!!

喧嘩ばっかりだったけど・・・いざ恋人になるとほってたらラブラブですわ。
見てるこっちが恥ずかしい。
今1人子供(男の子)がいて、白琵はもう一人子を宿しております。
まだマタニティーは着てないけど・・・嘔吐はひどいです

少しですね白琵の特質変えました。「気難しい」を「神経質」に変更。
まぁ・・・よくよく漫画見たら、気難しいより神経質の方が白琵っぽいんですよ

宮「おまえ、神経質だって?」
白琵「だからなんだっていうんだよ!!」
宮「まぁ僕ちゃん、貴族だもんな~」
白琵「それと性格関係ないだろ。」
宮「だってお坊ちゃんだから、知らないこと多すぎて衝撃的なことだらけだろ?」
白琵「うっ・・・まぁ。」
宮「いろいろ勘違いするしな。」
白琵「お前僕を馬鹿してんのか!?」
宮「いや?(ただ反応がおもしろい」


宮「料理番組おもしれーな」
白琵「この箱どうやって人が入ってるんだ!!?」
宮「羅貫がいうには、スタジオって場所でビデオっていう機械で映したものをこの箱に流してるんだって。」
白琵「????」
宮「まぁ俺にもわかんねーけどな・・・面白いからそれでいいだろ」
白琵「まぁ・・・そうだな」

テレビとかいいですよ。卑劣シムでもテレビだとあら不思議交友関係
ほっといても深まります。
電話でもいいんですけど・・・同居人に電話してもねぇ・・・

やっぱり告白は海だ!!ということでこの時はグループだったんですが、遊びに出かけました
宮「あー腹減った・・・なんか食べに行かねーか?」
白琵「いいけど、まずいものは嫌だからな!!」
宮「でたよお坊ちゃん発言。」

食事を済ませた後ビーチへ
ただ白琵は限界な模様・・・我慢してくれ・・・
 
白琵「ここに呼び出して話は何?眠たいんだよ僕は!!」
宮「ハイハイ・・・ちょっとはムード作れよ僕ちゃん」
白琵「え?ムードって何の話・・・?」

 
宮「お前って神経質な割には鈍感だな。」
白琵「なっ!!僕のどこが鈍感なんだよ!!」
宮「俺がこうしてわざわざ海に来てる理由わかんねーのか?」
白琵「わかってるよ!!えと・・・~だからっ・・・」
宮「(飽きない人材だなこりゃ」

まぁなんやかんだで、グループからデートへ変わりました。
ただ誘惑しただけなんだけど・・・
白琵の体力は限界なため帰宅・・・

次の日・・・だいたい二人は仕事時間が昼と夜と違うためなかなかファーストキスまでたどり着かない・・・
ただ、白琵が、丁度お休みで宮はおやすみのときお腹すいてたので起きてきました。
食べ終わったころ・・・またテレビ故障!!!またかよ!!!

宮「おまえ恋愛とかうといだろ」
白琵「っ・・・(友達すらいない歴~年」
宮「甘えるときは甘えろよ?」
白琵「・・・恥ずかしいこと言うな!!!///」

昼から何イチャコラしとんじゃってなりますが・・・
スキンシップ弾ませ遂に!!


宮「隙ありっ」
白琵「!???」


宮「俺の気持ち伝わったか?」
白琵「いっいきなり・・・(カァ~~思考停止」

遂に恋愛対象に・・・まだ恋愛対象かよ。まぁあとで告白もして彼氏になりましたが

 
白琵「彼氏にするなら、せっ責任とれよ・・・」
宮「ハイハイ。責任ってどこまで?」
白琵「・・・全部に決まってるんだろ!!」
宮「体も?(ニヤ」
白琵「え・・・」

 
白琵「あの・・・子供・・・ほしい」
夜明「え・・・?うわっ」
宮「そういうオチかよ!?」
白琵「え?あっよ、夜明様!?すみませんでした!!!」
宮「(これだから双子は損なんだよ・・・」

これは私のミスですね・・・この双子似すぎなんですもん!!!
いままで何回間違ったことか!!!(お前が作ったんだろ
アホなことをして夜明に「子供をつくろうとする」をしてしまった!!!ガーン

でも、おかしいなぁ・・・何故か交友関係0の夜明すんなり受け入れてんですよ。
キスも普通に受け入れてた・・・ベットアイコンも出てた。
まぁ相性は良かったんでしょうねわら
交遊関係0の表示でしまったって思ってキャンセルしたんですけどね・・・
近くにいるな夜明!!(お前のせいだろ
宮、目の前で浮気され驚いてました・・・しずく

 
夜明「そ、そういう関係ですか白琵・・・とうとう宮と」

気を取り直して宮にアタック
夜明は残念そうにこっちみてました。
うははh・・・でも夜明にもしっかり春到来したからご安心を!!!


赤ちゃんできたサインの音楽が流れ、妊娠をまつのみ・・・
↑白琵と宮のために急きょ用意して作った2階の寝室。


故障したテレビ・・・器用スキルのよい人たちは寝ているためお呼び出し
あれ・・・・?また変わった!!!!
あの女性なにもしてないぞ・・・きっと誰かが誘惑して同居したんだ。
そうに違いない・・・とりあえずお話をしてみる要。
まぁさほど相性は良くないみたいです


千艸「羅貫・・・なんでそんなに、離れてる?」
羅貫「え?いや食事のとき本読むと迷惑かなと思って」
千艸「俺は気にしないよ・・・」

 
千艸「俺を誘ってくれて、うれしい。」
羅貫「ごめんね忙しいときに。」
千艸「羅貫のためなら時間は惜しまない」
羅貫「ありがとう。楽しかったよ」

デートじゃありません・・・羅貫が願望で「千艸とグループ組む」とでたので
一緒に食事へ
ただ、なんであんなに離れてたのか・・・


その夜・・・
宮「あのさ、順番違ったけどこれやるよ」
白琵「え!?貰っていいの?誕生日まだだけど・・・」
宮「単なるプレゼントじゃねーよ」
白琵「え?違うのか?」


宮「どーせ言うと思ったけど・・・ほら左手出せ」
白琵「は?・・・う、うん」
宮「ここに付けるということはどういうことかわかるか?」

 
白琵「え・・・?左手の薬指・・・って!!遠回して言わずに教えろよ!!」
宮「・・・だから、婚約指輪だっつーの!!!普通分かるだろ」
白琵「あぁ・・・、婚約指輪。・・・・・・っぇええ!??(グルグル」


宮「あーあ・・・アイツしばらく停止してるだろーな。ぷっ」
婚約指輪渡してとっとと仕事に行く宮
ちょっとバイク乗ってる宮カッコいい・・・


依頼人の宅についた宮。
幽霊より先に水浸しに驚いた。



白琵「子供ってこうやって授かるんだな・・・男にも子供授かるんだ」

いえMODですね。皆の知ってるあの妊娠MOD
でも、実際男性でもできる場合もあるそうです・・・

マタニティはお腹は大きくならないやつを使用
男に妊娠させる場合、マタニティは別で用意しましょう。

おデートしにレストランへ・・・フォーマル半裸。
そのあとビーチへ

白琵「あのさ・・・マタニティ・・・」
宮「ん?なんだよ」
白琵「半裸・・・」
宮「ちゃんと喋れよ」
白琵「だからなんでフォーマルが半裸なんだよって言ってんだよ!!!」
宮「ぶっ、さー・・・まぁランダムだしな。」

仕方ないですよね・・・しかたなーい

 
白琵「んっ・・・//ちょっとどこしてるんだよ!!////」
宮「しょーがねーだろ。坂でやってるんだから」

いや単なるキスなんですけど坂のせいでおかしいことに・・・
まぁこれはこれでおいしいんですけd((殴

その間とある表示で隕石みつけた夜明。

夜明「大きいですね。千鋃さんには負けるけど」

104シムミリオン?だった


宮「ここまでこいよおっさん」

映画を観終わって
大の大人が鬼ごっこ・・・
あのおじさん太ってるのか年のせいか息切れ激しい

 
白琵「実は・・・えと」
宮「なんだよ早く言えよ。」
白琵「だから・・・子供」
宮「子供?まさか・・・」
白琵「・・・・(コクン」
宮「本当か!?順番違う気もするけど・・・結婚式あげねーとな。」

今更妊娠発表。←
だって時間合わないんだからしゃーないやんか!!

 
宮「嬉しいな・・・赤ん坊。なんか実感まだねーけど」
白琵「僕も。男って妊娠できたんだな」
宮「は?・・・そうだな(まぁ面白いからほっとこう」

順番は違えど結婚式
てか、同居人だけで式ってあげれないの?
内輪だけで結婚ってのがそうなのかな?


白琵「結局半裸で挙式ってどうなんだよ!!」
宮「大丈夫大丈夫。誰もきにしてねーって。な?」
羅貫「そうだよ。でも風邪ひかないかだけが気がかりなんだけどね」
千艸「なら俺もぬ・・・」
成重「ストップ!!!」
千艸「何故?」
成重「アンタ脱ぐとか言おうとしたでしょ」
宮「いや成重が言っちゃってるから・・・」
千艸「だって羅貫がいいって・・・」
成重「千艸がやると本当に犯罪ですからね!!変態ですし・・・」


終わったらお腹すいたとキッチンへ向かうやつら・・・

ですが・・・

白琵「うぅ・・・いたい!!!妊娠ってこんなに痛いの!??」
宮「え?結婚式で妊娠かよ。さっさと病院行くぞ」

当日で妊娠ってどーよ。そんだけ結婚式長引かせたんですけどね・・・

 
白琵「なんで、産気づいた僕が運転?」
宮「さぁ・・・お前がハンドル先に握ったんだろ」

なんで毎回こうなるんですかね・・・SIMSは謎だ

 
白琵「思ったより苦しかった・・・そして痛い」
宮「お疲れ。今日はゆっくり休め。」


宮「・・・この赤ん坊怖いんだけど。」

MODのせいか恐ろしい顔をした赤ちゃん・・・
まぁまた顔は弄るけどね。


白琵「や、優しくしろよ・・・」
宮「根っからのネコだな。まぁそこがいいんだけど」
成重「向こうには向こうの世界があるから見ないふり・・・」

さて、宮×白琵・・・
白琵は子供欲しがってるので仕方なく羅貫は別の家に行くことに

羅貫は皇子と閧士と一緒に住むことに。しかも自宅前にww
閧士・・・住ませた途端スギノとカップルに。早すぎだろ!!!!
こっち苦労してんのにwww
きっと相性が良かったんですよ。
閧士は大人っぽくてしっかりしている。一方スギノは、子供っぽい上ぐれやすい。
うん、相性はいいね。うんぼー

今白琵は子を宿してます。なまえ・・・どうしよーぺこ

白琵「き、気持ち悪い・・・」

さてさて・・・ここだけじゃないんですね幸せカップルは。


夜明「俺と付き合いませんか?」
要「え!?こんな僕でもいいの?」
夜明「こうしてもわかりませんか?」


要「夜明さんって・・・大胆」
夜明「そうですか?気に入ったら手に入れたいのは当然」
要「宮さんと違う魅力があるっていうか・・・」

そう、この夜明×要もカップルに
うーむ結婚したら引っ越しさせようかと・・・きっとこの二人なら幸せな家庭が待ってる。
これ、前のときも白琵と千艸のカップルのみアクティブにしてたな・・・キャハハ
だって千艸と白琵好きだもん!!!←
まだ恋愛対象なんで今後進展させていきますww


本当兄弟そろってまぁ・・・
まぁほほえましいですけど!!!!

ちょっと千艸の前回の恋人を連れ戻そうと思ってます。
前回のぜーぶデーター残ってるし、シムカタログに残してるんですよ~
さすがにハンクじゃあれなんで、名前変えてもう強制でくっつけます。
千艸はやっぱりあの人じゃないと・・・キラキラ

そして、また引っ越しをしようと考えてます。あの滝があるところに・・・あそこ魅力的ww


宮「夜明の奴大胆だな・・・。くそ、なんか腹立つ」(お前が言うな

ではおやすみーて

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://acchy1990.blog.fc2.com/tb.php/48-261cb4a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。